ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

   2017/07/03

ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

 

 

前回もお話しましたが、ラーメン店の求人募集の反応がとても悪い。

・・経営者の皆さま、そう思いませんか?

 

当店もこれまでいろいろな方法を試してきましたが、決定的なものがない。

もう複合技で同時進行で募集をかけてみても、来ない時には全く来ない。

カスリもしない。募集広告費だけがかさんでゆくのです。

 

でも、だからといって、勿体無いからといって何もしないと、

電話もこない、メールも来ない、当然誰も来てくれない。

それにもまして難しいところは、お店の望んでいる理想像と、

実際の応募者が乖離している場合が多々あります。

 

ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

 

例えばホール接客を探している場合、こんな年代のこんな感じの、

愛想と笑顔が良い人、とこちらが願っていても、

かなり違った印象の方が来るとか。。

 

もちろん募集広告の文面や内容も工夫が必要で、

募集ターゲットが反応して振り向いてくれるような

メッセージを打たなければいけません。

 

ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

 

運よく求人募集に応募して来た人がいたとしても、

もしかしたら明日には、もっとお店にとって

ふさわしい人が応募して来るかもしれない。

あと三日待てば、さらに相性バッチリの方がお店に来てくれるかもしれない。

今回の応募者を安易に受け入れてしまったために、

イマイチだったからと、すぐに辞めていただくこともできない。

 

白馬に乗った王子様、お姫様は、

いつどんなタイミングで現れてくれるか分からない。。

・・・

妄想です。妄想のし過ぎです。

 

ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

 

そうそうあなたの望んでいる人材は、あなたの個人店には来てくれません。

現実と向き合いましょう。(と自分に言い聞かせています)

優秀な人材は、もっとステージの高い世界で活躍しているのです。

そんなに優れた人は、優れた会社や大きな店に行きます。

これは社会の摂理です。吸引力のようなものです。

お店のステージに合ったレベルの方を雇って、

少しずつお店の色に染めてゆく方が、

遠いようで近道なのかもしれません。

 

ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

 

ああ、そんな理想と現実をつぶやいていたら、

本題に入るまでに時間が来てしまいました。

確か、前回もそうだったような。・・・

回には本題に入ります。かならず。

ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実ラーメン店のスタッフ募集 その理想と現実

↑(クリックすると画像が大きくなります)

これからの時代、個人店でも本当に外国人の雇用を視野に入れて経営しなければ、
人材の確保が難しくなる現実が来ています。備えあれば憂いなし。
今回はこちらの本が役に立ちました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。