ラーメンスープの味見について

   2017/07/04

ラーメンスープの味見について

 

 

ラーメン屋である当店は、

毎日午前11時よりオープンします。

調理場で仕事を始めるのは

朝5時半頃からです。

ラーメンのスープはすぐに完成しないので、

逆算して朝5時半ころからスープ作り始めます。

水を張ってある寸胴に点火して、ガラや野菜を入れて

とりあえず沸騰直前まで煮るわけです。

煮立つまでの間に、楽しこみを平行して行います。

ネギを刻んだり、ナルトを切ったり、米を研いだり・・

 

ラーメンスープの味見について

 

トンコツスープの場合は強火&長時間の

煮込みが必要ですが、

当店のスープは豚と鶏の透き通ったタイプなので、

そこまでの時間はいりません。

ただ、開店前の時間帯では、スープのエキスが十分に抽出しておらず

未完成なので、味見をしてもその時点では、オーケーか否か判断でき難い。

水の量、ガラの量、煮込み時間、スープの色から判別するわけだ。

(だからあえて、前日のエキスが出ているスープを継ぎ足したりもする)

 

ラーメンスープの味見について

 

もちろん一番ベストなのは、

1杯のラーメンを作って開店前にまず店主が試食するべきなのだが、

本音を言うと、

・・・

 

ラーメンスープの味見について

 

 

その時点ではまだ味が浅いというか、コクが出ていないというか、

スープの一番搾りみたいで、新鮮だけれど、も少し炊かないと本来の旨さは

引き出せないように思います。

そして、すみません、朝の10時過ぎから毎日ラーメン

を食するのは、年齢的にもキツいのよ。。

ラーメンスープの味見についてラーメンスープの味見について

↑こんな本も読んで勉強しております
(クリックすると大きな画像が見られます)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。