ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?

   2017/07/04

ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?

 

最近のニュースで大きな居酒屋チェーン店や牛丼屋チェーンでも

人材難がクローズアップされています。

時給を高くしても求人の応募がなかなか来ない。

来ても仕事が続かずにすぐに辞めてしまう。

頭の痛い問題ですよね。

 

ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?

 

福利厚生の整った大手のチェーン店でさえ、この状況なのですから、

小さな個人営業の飲食店はもう大変なのが現状です。

こちらが思い描いているような人材など、絵に描いた餅。

特にラーメン店などは、印象的に有利ではなく、

応募者の選択枠から外されてしまう可能性が高いです。

 

ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?

 

将来的に自分でお店を開業させるための勉強とか、

店長候補になって高い給料を稼ぐとか、

かなり強い目的がある場合でないとこの業種は敬遠されるようです。

 

ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?

 

さて、それでは小さな個人の飲食店はどんな施策を

打てば求人応募があるのか?

そして入店したスタッフがどうすれば長続きするのか?

 

小さなお店の店主が試行錯誤している事例

語っていこうと思います。

ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?ラーメン屋のバイトはなぜ1週間で辞めるのか?

↑(クリックすると画像が大きくなります)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。