看板のないラーメン屋

   2017/07/04

看板のないラーメン屋

 

本当にその街の中で一番美味しく、

かつリーズナブルな価格であり、

お店も明るく小綺麗で、

若くてチャーミングな看板娘が接客してくれる、

そんなラーメン屋なら、店先の看板などなくても

常連客で毎日大繁盛しているだろう。

 

だが、実際には完璧パーフェクトな店はないので、

店の存在を示す看板は必要である。

 

看板のないラーメン屋

 

お金が有り余っていて、100%趣味の領域なら

隠れ家のようにわざと存在感を消すのも良いが、

普通はなんらかの存在感を出したいわけだ。

 

その店によって店先のディスプレイは色々だが、

派手なカラーリング、奇抜な装飾、まぶしい照明、

本当は絶対にやりたくないパターンだ。

できる限りシンプルで、やさしく自然な色合いで、

照明も落ち着いて大人っぽく、決して回転灯などの

余計な装飾のない、洗練された店先にしてみたい。

つまりはセンスの良い店にしたいところ。

 

看板のないラーメン屋

 

でも・・・

でもですね、分かっちゃいるけれど、

ちょっとお客さんが減ったり、近所にライバル店ができたり、

見た目に店頭が寂しいなぁ・・なんて、

悪魔の囁きが聞こえてくると、

ついつい、いじくり回してしまうのです。

自分ではお客さまを呼び込む効果ありっ!って

勝手に思い込んでいるだけなのかも知れません。

 

のぼり旗、A型看板、提灯、店の存在を示すグッズが色々とあります。

上手く組み合わせて効果的にお店を表現したいものです。

 

 

看板のないラーメン屋看板のないラーメン屋

↑(クリックすると画像が大きくなります)

なかなか参考になり読み応えもあります

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。