30年間営業していても、まだまだ新米店長です

   2017/07/04

30年間営業していても、まだまだ新米店長です

 

私は長年個人飲食店(らーめん店)の店長(店主)を

やっていますが、自分の性格は地味(良く言えば地道)な方で、

リーダーシップを発揮できるようなタイプではありません。

相手の言葉や視線も気になるので、

自分の行動の一挙一動を観察さされているようで

何となく落ち着きません。

 

30年間営業していても、まだまだ新米店長です

 

自分は割とおっちょこちょいなので、

お皿を割ったり、細かいミスをしちゃいます。

だから、バイトさんが失敗しても、

大きな声で注意などできません。

そんな事ではイカンと思い、

自分の失敗をなくすように注意して

行動するのですが、そう強く思うと

逆に焦って動きがおかしくなります 笑

 

30年間営業していても、まだまだ新米店長です

 

とくにランチタイムの忙しい時、

一度に複数の作業をこなそうとすると、

パニックになりかけます。

ゆっくり落ち着いて、焦るなよと

自分に言い聞かせています。

 

30年間営業していても、まだまだ新米店長です

 

小ささの店ながらも、経営者として店長として、

信頼と存在感を示さなければなりません。

そんな風に、自分を大きく見せようと、

不自然に固まっているので、

会話や行動も形式的な感じになり、

店主とバイトさんとお店の一体感が

思うようにいきません。

 

30年間営業していても、まだまだ新米店長です

 

もう少し、いやもっともっと

自分をさらけ出して、

コミュニュケーションをとって、

自分という人間を知ってもらわないと、

お店も伸びてゆかないな・・

と感じている今日この頃です

 

30年間営業していても、まだまだ新米店長です30年間営業していても、まだまだ新米店長です

↑(クリックすると画像が大きくなります)

そうなんだよね!と気づかせてくれる本

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。