愛されるラーメン店をつくる22の法則

   2017/07/04

愛されるラーメン店をつくる22の法則

 

お客様に愛されるラーメン屋。

こうやって一行の文章で表すほど

かんたんに営めるわけではないのよね。

 

何を基準として愛してもらえるのか?

味か、サービスか、値段か?

美味しくて、なおかつ価格がリーズナブルなら、

利用する側としては何の文句もないわけだけど、

ただ単に食事をすする場所としてだけではなく、

お店として「愛される」のは難易度が高い。

 

愛されるラーメン店をつくる22の法則

 

訪れるお客様への接客対応や、ラーメンの出来上がりレベル、

店舗の清潔さ、お店の雰囲気、空気感、

そして店内の賑わい感など、

これらすべてがトータル的に高水準を維持しないと

お客様からは愛されない。

 

上記でポイントになる大切なことを言った。

「維持する」ということが大切なのだ。

1日とか1週間とかなら、どのお店だって

美味しいラーメン、笑顔の接客、綺麗なホールを

維持することは可能だろう。

 

でもこれが1ヶ月、半年、1年・・3年と

月日を重ねて、毎日毎日、高水準でクリアしてゆくのは

予想以上に大変なことだと思う。

 

愛されるラーメン店をつくる22の法則

 

店主やスタッフも人間なわけで、

日々、体調や精神状態は同じはない。

仕事や仕事以外で心配や不安に思っている日もあるし、

体調も絶好調の日ばかりではない。

 

人間だけでなく、ラーメンだって、麺の状態や

スープの出来具合、厨房機器の不具合だってあるのだ。

これらのトラブルをうまく回避して

なるべく同じような状態を毎日続けて行く。

昨日はは100点、今日は30点、明日は・・?点

それではダメなのだ。

 

愛されるラーメン店をつくる22の法則

 

飲食店に「日々のブレ」は極力避けたいところ。

70点でも75点でも、毎日その点数を維持していきたい。

そして実力がアップしてきたら、平均点も80点とか少しずつ

上げていき、よりレベルの高い状態に持っていく。

 

これがいかに大変かはラーメン屋を長く続けてきた

僕が実感していることである。

商売は長距離マラソンだ。
愛されるラーメン店をつくる22の法則愛されるラーメン店をつくる22の法則

↑(クリックすると画像が大きくなります)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。