ラーメン店の商いは、絵に描いた餅で終わらせるべからず

   2017/07/04

ラーメン店の商いは、絵に描いた餅で終わらせるべからず

 

何度も読み返している参考になる本だと思います

まあ、そう「たちまち」には、小さなラーメン店で

1日300人も集客する事は容易ではありませんが、

うまく考えて、その考えを実行に移せば、

以前よりもお客様を集められるはずです。

 

ラーメン店の商いは、絵に描いた餅で終わらせるべからず

 

なにより一番大切な事は、読むだけではなく、

ひとつずつでよいから実行する事です。

絵に描いた餅で終わらせない事です。

実際に行動に移せば、たとえ失敗に終わったとしても

その経験が次の成功へとつながります。

いきなり大きなアクションを起こすのには

努力と勇気がいりますが、

小さなアクションならば、

それほど気合いはいりません 笑

 

ラーメン店の商いは、絵に描いた餅で終わらせるべからず

 

これらの本を読んで、自店に取り入れる

要素のある部分を、実現可能な順に書き出し、

早速トライしてみましょう。

 

ラーメン店の商いは、絵に描いた餅で終わらせるべからずラーメン店の商いは、絵に描いた餅で終わらせるべからず

↑タイトルは大袈裟ですが、行列店への近道のアイディア満載
(クリックすると大きな画像が見られます)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。