ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

   2017/07/04

ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

 

俗にいうドンブリ経営。

あなたのお店は、どんな経営でしょうか?

小さな個人の商店や飲食店では、

ぶっちゃけ、ある程度おおざっぱに

会計しているのではないでしょうか?

 

ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

 

 

もちろん税務署さんがいるので、

日々の帳簿や申告という面では、

間違いのないように記帳しているはずなのです。

でも実際のお金の出し入れについては、

いわゆるドンブリ経営的なおみせも

多いと予想します。

 

ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

 

今日はいくら売り上げて、いくら使ったか?

足し算引き算の単純な世界。

業者と取引している材料や資材は

掛け買い(月末にまとめて払う)でしょうけれど、

例えばちょっと足りないネギとか、

今足りないティッシュとか、ゴミ袋とか、

おやつとか・・・笑

 

ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

 

そんな小さなものを購入する時は、

ドンブリの中の現金から支払ってしまう事って

皆さん結構ありますよね?

お客さんからいただいたお金を

「ザル」に放り入れて、

「おやつ代」をドンブリからとってしまう。

小さなお店ではやってしまいがちな行動です。

ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

これが365日毎日毎日が積み重なると、

意外に大きな金額となってしまうんですよね。

これが中身が見えない「不透明なドンブリ」

だとよくありません。

中身がすぐに分かる「透明なドンブリ」を用意して、

おやつ代は「専用の小ドンブリ」から取り出しましょう

 

ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)ラーメン店のドンブリ経営は透明な容器で (笑)

↑私もこれを読んでドンブリから脱却します!
(クリックすると大きな画像が見られます)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。